樋口一葉作品を手掛けて21年目

主な公演予定

2月
3日
(土) 13:30 甲州市男女で環になり笑顔のフォーラム2018/山梨県勝沼市民会館
*この会では、一葉日記の朗読とシンポジュームに参加します。
→盛況で幕を閉じました
2月
10日
(土) 15:00 樋口一葉20歳の作品「五月雨」の朗読会 演奏:常磐津菊与志郎
/東尾久・ちとしゃん亭
→盛況で幕を閉じました
3月
10日
(土) 14:00 一葉の会朗読会(新宿の生徒さんの発表会)/新宿・無何有 →盛況で幕を閉じました
3月
11日
(日) 14:00

大人のための朗読会「聞いて楽しむ阿佐ヶ谷の文学」

/杉並区立阿佐ヶ谷図書館

*この会では、太宰治の小説を朗読します。
→盛況で幕を閉じました
3月
25日
(日) 15:00

樋口一葉の両親の故郷で行う「お誕生を祝う会」/山梨県・塩山・常泉寺

*この会では、樋口一葉20歳の作品「五月雨」の朗読を行います。
→盛況で幕を閉じました
4月
21日
(土) 12:00 朗読とランチと一葉桜のお花見会/新宿・あいうえお →盛況で幕を閉じました
6月
29日
(金) 18:30

奥山眞佐子ひとり芝居「樋口一葉 20歳のとき」

/神奈川県青少年センター多目的プラザ

→盛況で幕を閉じました
10月
23日
(火) 15:00 奥山眞佐子ひとり芝居「樋口一葉 20歳のとき」/日本橋三越劇場  
11月
23日
(祝) 16:00 24歳で旅立った一葉さんのご命日の朗読会/高円寺唐変木  
樋口一葉を偲ぶ朗読会

今年で9年目となります三越劇場公演は、休憩を入れての二幕もの。
20歳の一葉さんが書き下ろした「闇桜(やみざくら)」「たま襷(だすき)」「五月雨(さみだれ)」をご覧いただきます。

 

【一幕目】
奥山眞佐子扮する20歳の樋口奈津(一葉)が、小説の師・半井桃水主催の「雑誌・武蔵野」に発表した「闇桜」と「たま襷」を、妹の邦子に語り聞かせるスタイルです。小二田茂幸作曲による内藤眞代の琴の音と共にお楽しみください。

 

【二幕目】
「五月雨」は、富家の娘・梨本優子の恋した男性が、優子の乳姉妹でもある侍女の八重が恋していた男性だった……という展開です。奥山眞佐子は優子と八重の二役を演じ、常磐津和英太夫の浄瑠璃、常磐津菊与志郎作曲による三味線の音と共にお楽しみください。

 

原作:樋口 一葉
脚本:英次 ともゑ
演出:鈴木 龍男

 

出演:奥山 眞佐子(一葉・優子・八重)

 

演奏:常磐津 和英太夫(浄瑠璃)

常磐津 菊与志郎 (三味線)

内藤 眞代(琴)

 

所作指導:花柳 奈千穂

 

美術:高田 潔
照明:須藤 実
衣裳:金子 龍子
床山:武川 卓男
美粧:浅利 悦子
舞台監督:高田 潔

 

協力:文京区法眞寺/台東区立一葉記念館/鎌倉市鏑木清方記念美術館

山梨県立文学館/甲州市塩山常泉寺/新宿あいうえお

東京芸術座/東宝舞台株式会社/有限会社クライム・シンク

株式会社アイロリ・コミュニケーションズ・エンタテインメント

 

日時

10月23日(火)午後3時開演

場所

〒103-8001
東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店 本館6階

料金

6,000円(全席指定・税込)

お問合せ

TEL:03-6454-1955(河佐井プロモーション)
TEL:0120-03-9354(三越劇場)

お問い合わせ欄